Back

雪松 和彦

交通機械科3年 t962262

STREET



「自己紹介」


ウェイトリフティング(重量挙げ)


E-mail: t962262@cc.kurume-it.ac.jp




















自己紹介

Back

氏名 雪松 和彦 (ゆきまつ かずひこ)
<出身地> 福岡県北九州市
<出身高校> 県立八幡中央高校
久留米工業大学 交通機械工学科に在学中
久留米市上津町にアパートを借りていまーす。
ガソリンスタンド(パイン石油)でアルバイトをしていまーす。
<趣味>
ドライブ 音楽鑑賞 釣り 昼寝をする事でーす。
<特技>

ウェイトリフティング(重量挙げ)





























ウェイトリフティング(重量挙げ)

Back

高校の部活動で三年間やっていました。
練習場所は、高校の体育館の下にありました。
福岡県には、ウェイトリフティング部は五校しかありません。
試合の時や合宿の時は、学校を関係なくみんな楽しくやっていました。
ウェイトリフティングには階級があります。
59キロ級・64キロ級・70キロ級・76キロ級・・・とあります。
自分は、70キロ級でした。
70キロ級は、体重が64.05キログラムから70.00キログラムまでの間になければなりません。
自分は試合前にこの体重の中に入るため増量に苦しみました。
普通みんなは、増量より減量に苦しんでいました。

ウェイトリフティングとは?

ウェイトリフティングとは,ジャークとスナッチの二つの競技があります。
簡単に説明すると
  • ジャークとは、一度肩にのせてから二回に分けてから一気に差し挙げます。

  • スナッチとは、一度引き上げて一気に差し挙げます。
    これらを行っていくには、ウェイトトレーニングが必要になります。

ウェイトトレーニングとは?

  • ウェイトトレーニングとは,ダンベルやバーベルなどの重量物を用い,日常生活では かからないような負荷を筋肉へ与えることにより,筋肉を大きくしようとするものです。 筋肉を大きくした場合のメリットは下記の通りです。また、筋肉はそう簡単には発達 しませんから,ボディビルダーのようにムキムキになることを心配する必要は全くあり ません。
    1. 消費カロリーが増えるため肥満になりずらくなる。
    2. 腰痛,肩こりが解消される。
    3. 様々スポーツをする上での基礎体力を向上できる。
    4. 夏の海で注目されるかも・・・etc.

    全身の筋肉の発達自体を競うものがボディビルディングであり、さらにウェイトトレーニング の基本種目で力比べをするのがパワーリフティングです。
     ウェイトトレーニングの専門家であるボディビルダー達の経験や、最近の生理学に関する 実験などから,筋肉を増やすためのトレーニング方法はある程度確立しています(まだまだ 未知のことも多いですが)。このページでは、筋肉を発達させる近道となるような一般的な ウェイトトレーニングに関する知識をお教えしようと思います。
  • トレーニングの基本種目とフォーム

    1. スクワット
      【フォーム】バーベルを担ぐ位置は肩の上部背中は前傾させないお尻の位置はバーベルの下に来る膝を前方に出すスタンスは肩幅程度
      【特徴】 膝を前に出すことによって大腿四頭筋の可動範囲を広く取り、大体四頭筋を集中して鍛えるフォームである。膝への負担が大きいため、高重量を扱うことは勧められない。
    2. ベンチプレス
      【フォーム】ベンチ台に自然に横になった状態である足、腰には力を入れない腕と体の角度は90度くらいになるよう脇を開く
      【特徴】大胸筋の可動範囲を大きくし、できるだけアイソレートして鍛えるフォームである。可動範囲が大きいことから肩を故障しやすく、高重量を扱うことは勧められない。